過去の記事

受付時間
平日:8:30〜12:30 15:30〜19:30 土曜日:8:30〜12:30 午後休診
休診日
日曜日・祝日
休診日
電話0187-63-2633
アクセス
〒014-0051
秋田県大仙市大曲浜町7-40

大きな地図で見る
この看板が目印

院長ブログ

恥は一瞬のこと話したもん勝ち

シゴトをしていて

満足感や達成感を感じる瞬間があると思う...

自分の場合では

初診で

血の気は失せ

口はへの字で、眉間にはしわが寄って

声は上ずり、動作も緩慢で

苦虫を嚙み潰したような面持ちで

来院された方が、

明らかに

ケガや病状が回復して

顔色も優れ、

声も明瞭となり

動作も機敏になり

時より笑顔を見せてくれたりもする

程なくして

私のところを去っていった時だ

「あぁ日常生活を困らずに送っていってるんだろうな」と

思いに更けてみたりする。

悲しいかな...

このシゴト

案外「先生治ったよ!明日から自宅で様子見るよ」と

声をかけてくれる方の割合が少ない...

だから

来院されない方が

今どういう状況で

どこでどうしているのか

わからない。。。

気になってしまう患者さんもいる。

気にするぐらいなら

電話で状況確認してしまえばよいのだろうが...

本音でコミュニケーションをとるのは、

確かにパワーがいる

しかし

それ抜きで

お互いに

良好な関係を築くのは

たくさんの時間と労力を必要としてしまう

患者さんは

せめて

いつ・どこで・何を(どこを)・どのように

ぐらいはおさえてもらえると...

またそのアンテナをたててもらえると

治療する部位の評価、鑑別に役立ちます。

筋肉の養生のしかたが危うい件

皆一応に筋肉の不具合や不調を訴えて当院にやってくる方がほとんどです。

その中でも、押圧して痛い所、動かして痛みを感じる部位は、むやみに叩いたり、もみほぐしたり、強く押したり、勢い良く引っ張ってはいけません。

これらの行為は、患部の状態によっては危険です。

例え以前それらの行為をやっている中で、疼痛が軽減した経験があったとしてもです。

これらの行為は、患部軟部組織が離断している部位の修復を遅延させる行為になっている可能性があります。

自己修復能をしっかりと鼓舞して

修復させることが1番に必要なことです。

私の専門学校時代の友人に東野柚子というユニークな子がいまして

その子が漫画家として活躍しています。

いや~漫画を描いているんだという噂は耳に入っていたんですが、

いざ有名週刊誌に連載されるとびっくりしますね。

友人の活躍は、励みになりますし刺激になります。

なぜか自分のことのようで、すごく嬉しい気分です!

彼女は、はり師きゅう師の資格を持つ治療家でありながら、

漫画の才も素晴らしいわけです!

あっ彼女の方が私よりも年下なんですが、学校では1個上の先輩でした。

週刊モーニングに連載されております。

「素直なカラダ」という題名で

彼女の地元盛岡を舞台に

東洋医学がテーマになっている物語です。

皆さんにも是非とも読んでもらいたい。

特に身体の調子が今一つの方に

東洋医学、鍼や灸がいかに有効であるか知ってもらいたいです。

夏川りみさんの歌声に元氣をもらいました!

昨日大仙市民会館で

夏川りみさんのコンサートがあって

聴きに行ってきました!

彼女の声は、

本当に素晴らしくて

感動してしまいました(^^;)

テレビでは、

高音域のスコーんと抜けて響くパワフルな声のイメージでしたが、

実際に生で聞くと

しっとりと色気のある優しい声も持ち合わせていて

優しい穏やか気分に浸ることができました。

もちろんパワフルで宇宙にまで届きそうな高音の声も健在でした。

すんごく良かったです。

音楽は、

やはりライブで聞くのが一番ですね。

りみさんからいただいた元氣を

今度は自分が皆さんに還元したいと思います。

講師を1件頼まれました!

3月に講師を1件頼まれました!

大変光栄なことです。

ありがとうございます!!

テーマは、皆さんと「ウォーキング」について

でいこうかと思っています。

治療院とは、また違う場所で、

お話するのは緊張しますが、

今から楽しみです。

頭の中で「直す」と「治す」を使い分けている

自分の中で意識的に「治す」と「直す」という言葉を使い分けて

話したり、文章にしたり言語化しています。

どちらも発音すれば「なおす」なんでしょうが、

自分の中では、大きく違った意味を持っています。

健康ニュースの中でも

使い分けて使用しているので

お手元に当院の健康ニュースがありましたら

もう一度目を通してみると面白いかもです(^^;)

自分が「治す」という言葉を使う時は、

自然と癒える、勝手に良くなる、自然治癒、自然修復など

心身がオートマチックに改善される要素が自分たちのカラダとココロにありますから、

それを表現する際に「治す」という言葉を使用しています。

キーワードは、「自然と」にです。

例えば「あなたの膝は、捻挫している状況なので、患部が修復され『治る』までに

3週間必要です。全治3週間の症状です。3週間後には治っていますよ。」

このような使い方になりますよね。

柔道整復師として鍼灸師として

患者さんの自然治癒力を最大限まで高めることが大切となりますからね。

やっている行為としては、

これ以上でもこれ以下でもありません。

なので自分は、治療という行為に携わって

患者さんを治してやったと思ったことは今の今まで一度もありません。

逆に「直す」を使用する時は、いったいどんな時なのか!?というと

「自然」とに対して「不自然」なんですね。

作為的でもあるんです。

イメージは、修理工です。

壊れた時計を直す。外れたボタンを縫い直す。

モノに対して使われているイメージが一般的だと思います。

ほっといても勝手に良くなる要素が無いに等しい状態だった時

そこに手を加え、状態が改善されれば

直ったことになります。

自分のやっている治療の中では、

骨盤の仙腸関節の可動障害は、

自力での矯正が厳しい関節になりますので、

検査して異常が見つかれば、

仙腸関節可動障害を直しています。

仙腸関節の可動障害が損傷部位の痛みを誘発させる主原因であれば

仙腸関節の可動障害を直したことで

患者の自然修復力が高まり、

予後良好となり、治りを促していることになります。

氣持ち新たに

今までブログを管理するのに

使用していた古くて小さかったパソコンを新調しまして...

やっぱり新しい電化製品はいいですねぇ(^^)

シゴトがはかどります!

超アナログ人間な自分ですが

新しいパソコンをどんどん活用して

ブログも随時更新していくつもりです‼

38になりました

きのうで

また1つ年を(^^;)

今年も公私ともに充実した生活が送れるように

自分自身を奮い立たせて

やっていきます!

早速発刊した院内広報のリアクションを頂いている所です。

整骨院は、何を業務にしているのか!?

鍼灸院は、何を業務にしているのか!?

知って頂くきっかけになれば幸いです。

良い情報は、みんなで共有しましょう。

次回春号は、4月を予定しています。

今シーズン最強の寒波到来も

大曲は晴れています...

晴れていたおかげで

朝方の寒さは、相当厳しいものになりました。

-14℃...寒いを超して外気に当たると痛いです。

実際秋田は、

曇ったり、雪が降っているような天気の時は、

比較的に気温が落ち着いていて

冷気が下りてきているのに晴れると

放射冷却で、

キンキンに冷え込みます。

晴れないほうが温かいのです(^^;)

散歩がてらに郵便屋さん

季刊誌になる

こころ鍼灸・整骨院健康ニュース冬号を

お渡しできる患者さまのお宅まで伺い

患者さまに手渡ししてきました。

歩くことは大切です。

皆さんも1日40分は歩きましょう。

おかげさまで500部印刷し、

ご希望の皆様の所に郵送しました。

前回も触れましたが

「肋骨骨折」

「外傷性の肋間神経痛」

「不妊症」について触れています。

柔道整復師の業務とは!?

鍼灸師の業務とは!?

「できること」

「できないこと」

皆さんと情報共有ができるシステムの

構築を目指します!!

また新たな医療サービスの展開も構想中です。


ページトップへ